関大一高サッカー部 Web Site

チームのプロフィール 
 昭和26(1951)年に創部されました。
 昭和45、46(1970、1971)年には近畿大会に出場し、全国大会出場を狙えるレベルにありました。しかしその夢かなわず、以後低迷が続きました。
 平成7(1995)年頃より着実に力をつけ、平成9(1997)年度の第76回、平成11(1999)年度の第78回全国高等学校サッカー選手権大会に出場しました。平成21(2009)年度はベスト4、平成22(2010)年度はベスト8の成績を収めました
 また、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)は平成12(2000)年度に初出場し、平成16(2004)年度、平成18(2006)年度はベスト16に進出しました。

 基本を重視し、基本練習は時間をかけて繰り返し行い、さらに紅白戦を通じて選手それぞれの長所短所を見分け、各人の課題に応じた練習を行います。
 「動きの中でボールを止めて蹴る」これができる選手を育てることを念頭に置き「繋ぎのサッカー」をチームとして目指しています。
 一高グラウンドが2006年12月に、高槻グラウンドが2008年7月に人工芝化され、夜間照明、宿泊施設もあり効率的な練習ができるようになりました。

 サッカー部の活動は、あくまで教育活動の一環であり、サッカーを通じて健全な身体と精神を培うことを大きな目標にしています。礼節をわきまえ、何事に対してもけじめをつけることができる「一流の人間」の育成を目指しています。